FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セックス(夫婦和合)で不景気をのりきって!

                                ボーナスカット、でもめげない 号

夫婦和合(いたわりのセックス)で不景気をのりきって!

「信さんとこ、景気どう?」
「最悪!うちの会社(ちなみに専門学校)、今年は特にきついな~。ボーナス5割カット!。」
「ほんと?!それ相当きついね!少子化の影響かい?うちも3割減で(ちなみに3年連続減!)、家のローン引いたら20万残らんのよ。でさ、今回は小遣い貰うのやめようと思ったんだけど、うちまだいい方か。でも、信さんその割りに元気あるね~。」

「あさって、振込みなんだけど、神さんに言ったら『しょうがないわよ、出ない人もいるんだから、ゼロじゃなくて良かったと思いましょうよ。』と言ってくれたから気持ちは今、軽やか!」
「分かる、その気持ち。りっぱだよねー。マユちゃん、そういう時ブーブー言う奥さんじゃないからね。」
「うん、お金のことでは絶対に文句や嫌味は言わないからほんと救われますね。その辺は出来た神さん。」

「うちのも、文句は言わないんだけど、なんせ、何事もはっきり言う性格だから、『いいよ、パパのボーナス少ないと思ってパート頑張ってるし、子供たちにもボーナス出ないかもしれないから、来月の仕送り少し減らすつて言ってあるよ。』(笑)とまぁ、こんな具合。」

「さすが、いっちゃん、さばさばしてて頼れる奥さんでいいなー(笑)。」
「うちも、中ちゃんとこも奥さんに恵まれてるな。」
「ほんとに、そうだと思うね。だから、余計かみさんに申し訳なく思うよな(二人とも、ちょっとしんみり)。」

「だからって言うわけじゃないんだけど。そういうときほど、神さんと「アレ」したくならん?」
「それ、否定はできないね。」
「稼ぎの少ない分、『肉体労働で奉仕する』みたいなもん。」
「まっ、それ無いわけじゃないけど、俺はそれとちょっと違うかな。
男が家の中でえらそうにしたり、どっしりしてられるのは『俺は頑張って稼いでる』と思えるからだと思うわけよ。ところが近所付き合いや子供の学校のこと、親のこと、ほとんど神さんのおかげで何とかなっている。
だから、たった一つのアピールポイントの『稼ぎと言うか収入』がないと、何かこう気持ちがしゅんとなるんだよね。(こういうときの男性は朝立ち、しなくなっちゃうようです。)」

「確かに。男の役目は『狩で獲物を捕らえて、家族に腹いっぱい食わせること』これにつきるか。狩に行く度に『ボウズ』じゃな…..。」

「そういう時に神さんと密着しながら神さんの『オッパイやアソコ』触るとなんか、やたら安心してくるんだよね。この頃、みんなよく『癒される』って使うけど、あれこそが、まさに癒されるということだ。間違いない!(笑)」
「そして、神さんも俺の『愚息』を強く握ってくれたりすると、何かこう、また『頑張んなきゃ!』って、力が湧いてくる。」

「確かにそうだ。でも考えみたら、男ってえらく単純だね。」
「ん、がっかりするくらい単純。さんまちゃんの歌にもあったじゃない。『♪…..どんなに男がえらくても、女の乳房にゃかなわない、真っ赤なウソ……』オッパイや御万ン処で人生を踏み外した男もたくさんいるしね。
多いね、偉い人ほど多いんじゃないか。やっぱり自分の奥さんのオッパイや御万ン処を大事にしなきゃね。」

「知り合いにも、不景気で給料減って、奥さんと喧嘩が絶えなくなって、最後に離婚っていう人、何人かいるんだよね。でも、そういう夫婦はずっーと前からアレをしていない夫婦で、そういう時、踏ん張りが利かなくて離婚しちゃうだよな。
時々してる夫婦って何か強いと思うよ。気持ちが繋がってるっていうかさ。」

「先週、現場が終わった後で、工務店の親方、七十ちょい前かな、ビール片手におんなじこと言ってたなー。(女性には少し分かりずらいかも)」

「 『こんだけ不景気だと女房にも苦労させるが、男は珍宝が起つうちは頑張れる。んで、女房連中もそういう時ほど、ダンナとよけぇ(たくさん)まぐあって(セックスして)心一つにせんかったら乗り切れん。おやじの稼ぎが減ったから離婚じゃ、世の中が不景気になるたんびに離婚せんならんことになる。』とまーこんな具合。」

「その後に、『家のかぁちゃんはえらいぞ。仕事が立て込んで俺が布団に入ってかん日が続くと、“おとーちゃん、いくら還暦過ぎたっていってもたまには乗ってきてくれんきゃ離婚するよ~”って脅しやがるんだよ。俺より五つ若いから、めんこいもんだ。』ってうれしそうに話してたな。」

「人生あと半分、その大先輩の夫婦を目標にしますか!」
「気力は充分。あとは息子が駄々こねなきゃいいけど….。」
(今日は信さんとタダパパ、男同士の会話より)

 ひーちゃん先生、いたわりセックスのツボ
人生を振り返ってトータルすれば、世の中、景気がいい時より、悪いときの方が長いと思いませんか?お金に苦労しなくてすむ年月の方が短いということですね。

(かく言う我が家も、二年まえから年収が半分に。とほほほ……..。でも、できるかぎりダンナ様とは体温と、自分にはない、たがいの凸凹を性器で確かめあっています)

ところで、知り合いがこんなことを言っていました。「夫婦のアノときに家の人、品のない言葉いうのよ。」たまに似たことを、耳にしますが。

でも、どんどん言いましょうよ。セックスするときは裸ですから、気持ちも裸になりましょう。エッチだったり時には卑猥な言葉も演技のつもりで。夫婦ですから。

まさか、セックスのときに、「ヴァギナ…….ペニス……」って発する人はいないでしょうけど、たとえば「御万ン処….珍宝…..」って卑猥ですが、そのくらいのいやらしさは、夫婦の営みでは上質の香辛料です。
恥ずかしいセックスや、いやらしいセックスほどストレスの解消に効き目あり。
終わってみれば充実感二倍!寿命も二倍!


 だんな様のお弁当、この炊飯ジャーで更においしくなっちゃう!
                         http://ichibandou.com/ 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
                                
                                        人気ブログランキングへ



テーマ : 夫婦喧嘩 - ジャンル : 結婚・家庭生活

Tag : 炊飯ジャー ボーナス ストレス 喧嘩

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。